昭和のアルバム.jpg

昭和のアルバム

シリーズ連載

03.4.10昭和・飛渡第二小学校.jpg

地震で閉校した中条山間部の飛渡第二小学校

十日町市博物館所蔵・山内写真館資料(昭和33年4月)

十日町市中条旭町 庭野 武一さん(昭和18年生れ)

 写真は飛渡地区の山新田にあった飛渡第二小学校で、野球をしているのは同校内に併設された中条中学校飛渡第二分校の生徒たち。庭野武一さんが中学3年の昭和33年(1958)に撮影した。

 飛渡第二小学校の前身は明治7年(1874)民家利用の中条校新水分校菅沼派出場として始まり、25年(1892)に飛渡尋常小学校山新田分教室として校舎が建てられ、昭和29年(1954)の町村合併で十日町市立飛渡第二小学校となった。

 同校には山新田、宇田ケ沢、菅沼、柴倉、小貫(こつなぎ)の5集落から子どもたちが通い、庭野さんの在学当時は中学生を含め120人程の児童生徒がいた。昭和23年(1948)中学生用教室の増築のために裏山を削り始めた。「重機も無く手作業でモッコや猫車(手押し車)、レールを敷いてトロッコで土を運び子どもたちも手伝った」と振り返る。28年に山を崩す工事は終わり、29年(1954)校舎を移築する際、児童生徒は4軒の民家に分散して授業を受けた。工事には石が必要で子どもらは小貫の下を流れる飛渡川まで山道を歩き、大き目の石を背負ってきた。小石も必要で農作業中に拾って畑の脇に積んであった石まで運んだ。同校には体育館が無く37年(1962)に十日町小学校の木造体育館を移築し、45年(1970)に待望の鉄筋校舎が完成した。ところが、平成16年(2004)10月に中越地震が発生。同校は被災して校舎は傾き使えなくなり、中条小学校に間借りして授業を行ったが、学区民は協議を重ね中条小との統合を決意。翌年3月に閉校した。

(2021年4月3日号掲載)

03.4.3昭和・中条中学校飛渡第二分校.jpg

山間部の中条中学校飛渡第二分校の生徒

十日町市博物館所蔵・山内写真館資料(昭和33年4月)

十日町市中条旭町 庭野 武一さん(昭和18年生れ)

 写真は中条山間部、飛渡地区の山新田にあった中条中学校旧飛渡第二分校の生徒たちで、昭和33年(1958)4月に卒業アルバムを作るため山内写真館が撮影した。背後に写る山々には小貫(こつなぎ)や柴倉、東・西枯木又、笠間集落が点在する。戦時中の学制で、現在の中学校に当たる国民学校高等科は飛渡第一(新水)にしかなく、遠い集落からの通学は困難で初等科6年(現在の小学6年)を終えると多くの子どもたちは働いた。

 敗戦後の学制改革で昭和22年(1947)中学校が設けられ、中条村立中条中学校は大井田、飛渡第一、飛渡第二の各小学校へ分校を併設した。飛渡第二小では校舎を増築し、中学校教室を設けて授業を行った。庭野武一さんの同級生は22人。「戦時中、死傷する兵士が増加する一方で『産めよ増やせよ』の国策で山間部でも子どもは多かった」と言う。中央の男子が庭野さんで小貫から通学した。下っては上りの山道を夏場は片道30分程歩き、ひどい大雪の朝は3時間もかかった。冬場は親たちの苦労も並大抵ではなく、雪が降るとカンジキや大型のスカリを履いて通学路の道つけをした。「道中、雪崩が出る所もあった。私たちは巻き込まれることは無かったが、飛渡第一の子が一人、雪崩で亡くなった。中学生が先頭と後尾になり小学生を間に挟み通学した。昭和45年に平場の旭町に引っ越したが、自分の子には通学の苦労をさせたくなかった」と語る。同校は33年間の役割を果たし昭和55年(1980)に閉校した。なお、飛渡第一分校は前年の54年に閉校している。

(2021年4月3日号掲載)

0320_昭和のアルバム.jpg

塚田元県知事が視察に訪れた中条山間部

飛渡地区の旧枯木又分校

(昭和36〜39年)

十日町市中条東枯木又 阿部 三代継さん(昭和8年生れ)

 写真は中条山間部の旧飛渡第二小学校・枯木又分校で、歓迎の万歳を受け頭を下げている中央の人物は塚田十一郎元県知事。在職期間は昭和36年(1961)〜41年(1966)だが、この校舎は39年(1964)に建替えられていることから、36年〜39年の間に撮影されたもの。西枯木又の住民が六日町へ抜けられる道を私費で切り拓きながら県への陳情を続けた結果、塚田知事が視察に訪れ県費で道路を整備することになった。阿部三代継さんは「私道がいきなり県道になり、十日町市街地へ行くより六日町が近いため、今でも買い物は六日町へ行く。高速インターまで10分」だと話す。

 かつて飛渡地区には分校を含め5校あったと言う。枯木又では明治15年(1882)に巡回教授が始まり、17年には民家利用の枯木又派出分教場を設け、28年(1895)に校舎が建てられた。阿部さんは昭和14年(1939)に分校へ入学した。当時の児童数は全校で50人程。3部複式学級で二人の教員が教えていた。「低学年は女先生で高学年は男先生が受け持ったが、仲良くなって結婚した先生は4組ぐらいあった」と笑う。16年に大東亜戦争が始まり、枯木又の働き盛りの男たちも戦地へ。児童らは働き手のいない家に苗代の雪消しや田植え、稲刈りと勤労奉仕に駆り出された。子どもたちは家の農作業もしなくてはならず「枯木又は用水が少なく雨が降ると祖父が学校へ『田掻きに来い』と迎えに来た」と語る。現在の中学校に当たる高等科は飛渡第一にしかなく、冬場は通うこともできず進学はほとんど無かった。

(2021年3月27日号掲載)

0320_昭和のアルバム.jpg

大塚与四次さん提供写真(昭和47〜48年頃)

津南町卯之木 宮沢保則さん(昭和25年生まれ)

 手前の砂利道は国道117号線。右側に見えるのが津南町十二ノ木にあった津南町農協の下船渡支所。現在セブンイレブンがある交差点にあった。「右の民家みたいな建物が支所で、その隣の建物は倉庫だった」。農協職員だった宮沢さん。当時は各支所に泊まり番があり、ここで1人で宿直したことを覚えている。「農協職員の仕事の一つだった。お金を取り扱っていたから泊まり番が必要だったのだと思う。こっそり抜け出て飲みに出た人もいたっけな。ばれてあとでかなり怒られたみたいだけど」。

 倉庫には味噌やカサなど雑貨が入っていた。「当時、支所では日用品も販売していて注文があった家に配達に行った。車と言っても昔のやっとずる(走る)ような変な車だったな」。道路も簡易舗装されただけのもので交通事情は良くなかったが、今では道路は拡幅され広くなった。「今改めて当時の写真を見ると、本当に変わったね」。

 支所前にはバス停があり、勤めていたある農協職員がそこで毎日バスに乗る女性に一目ぼれし、声をかけ付き合うことになり、やがて結婚したというラブロマンスもあった。

(2021年3月20日号掲載)

0313_昭和のアルバム.jpg

中沢京子さん提供写真(昭和20年代)

津南町見玉 髙橋広幸さん(昭和21年生まれ)

 見玉にある黒滝橋左岸、住民が『ふとのやま』と呼んでいる山。「本当は『不動の山』が正しいと教えて貰った」。その不動の山の雑木林を使い炭焼きを盛んに行っていた。その山に入るために、黒滝川に3本の丸太を橋桁として渡し、小枝(ボヤ)で足場を作る『オサ橋』(筬橋)を架けた。「冬になると雪で落ちるから毎年、ムラの普請の時に架け直していた。今の黒滝橋の上流1㌔余ぐらいの所。10㍍程の杉の丸太をムラの若手が担いで持って行き川に架けた。その上に近くでこぎ(小枝)を採り、フジツルで結び付け足場を作った。1、2回ぐらい俺も参加した記憶があるな」。オサ橋は、イザリ機の筬の形状に由来した名称。

 炭焼きは当時、貴重な現金収入源。住民は頻繁にオサ橋を渡り不動の山に入り炭を作り、できた炭を担ぎまたオサ橋を渡り家に帰って来た。「黒滝川の対岸に行くのにとても大事な橋だった。だからみんなで毎年架けた。でも大変な労働だったと思う」。不動の山の山頂付近には山伏が修行した場所があり、石祠が今も残っているという。

(2021年3月13日号掲載)

03.3.6本町3丁目-雪下ろし.jpg

十日町市博物館所蔵・山内写真館資料(昭和30年代)

十日町市田川町3 宮澤順一さん(昭和17年生まれ)

 写真は宮澤順一さんが『かぶらき洋服店』で働いていた昭和32年から39年頃の間に撮影されたもの。奥に見える『かぶらき』という看板の前で屋根から下ろした雪を積み上げている男性が3人いるが、そのうちの一人が宮澤さん。

 雪道の重量物の運搬はソリだったが「昭和37年か38年頃(1962〜63頃)、機屋の関芳のトラックが初めて冬に本町を通ったのを覚えている。道幅は狭いが右側の雁木(がんぎ)下の路面と同じ高さなので除雪してある。その頃の写真だろう」と思い起こす。下ろした雪を積み上げられるのは自分の店の前だけ。次に降った時のため、雪はできるだけ路面から垂直に積んで面積を確保する。雪下ろしには蕪木家と縁がある農家の大ベテランが毎年きた。「下ろした雪は外側から積んでいき中央部はくぼませて、そこに屋根雪をユキドヨ(傾斜を利用して雪を流す滑り台状の道具)を使って落とす。私は作業に慣れておらず『何してらんだ。まごまごするな』と怒鳴られたが、年寄りしょは仕事が早くてきれいだった」と言う。雪を下ろし積むにはバランスが必要で、屋根の上と雪積みの人数を加減しながら作業を進めた。

 手前の東北電力の自動車には4輪ともチェーンが巻いてある。「当時はスノータイヤなど無く全輪チェーンだった。私は16歳で免許を取り洋服を積んで外回りをしたが、町の中心部の道路は除雪してあっても周辺部の道路は雪の山。冬場、自動車屋は車を預かり整備をしていた」と振り返る。

(2021年3月6日号掲載)

03.2.27_昭和のアルバム.jpg

津南町見玉 髙橋広幸さん(昭和21年生まれ)

 津南町の見玉不動尊では、新住職が寺に入る時に行う「晋山式」で稚児行列があった。写真は村上光田住職(現・善光寺長臈)の晋山式時。「見玉の檀家の子、十日町市や長野の方からも見玉不動尊に関係する人たちの子が稚児になった。津南町で稚児行列をする所はあまりないから見物客も多かった」。当時は穴藤に東京電力の社宅があり、そこに住んでいた子たちも稚児に扮した。「東電の関係者は我々と違って、上品な子たちが多かったなぁ。稚児になれたのは選ばれた人たちだったな」と笑う。

 稚児とは神社や寺院での儀礼に「神や仏の化身(天童)」として参加する子どもたちのこと。額に位星と呼ばれる黒い丸を描き、紅を塗るなど独特の化粧をし、特別な衣装を着るのが特徴。神仏の加護を受け、子どもたちのすこやかな成長を祈願する行事。この時、子どもたちは高台にあった秋成小学校で着替えて正装。そして見玉不動尊に繋がる参道をゆっくり歩いた。「まず稚児が歩いて、その次にお坊さんが続く行列だった。それを仲間と十二社の石垣に立って見た覚えがある」。68年前の記憶。今も見玉不動尊は変わらず地域を見守っている。

(2021年2月27日号掲載)

03.2.20昭和.jpg

「何でも間に合う」上郷逆巻の商店街

(昭和20年代後半〜30年代前半)

津南町上郷逆巻 粉川正明さん(昭和16年生まれ)

 昭和初期の上郷逆巻は、商店街が並ぶムラの中心地だった。「上郷村の逆巻に行くと何でも間に合うと言われていた」。呉服屋2軒、履物屋2軒、旅館が3軒、さらに時計店や美容院、薬局などが並んだ。写真左に「保健堂」の看板が見える。「昔の店舗は今の宮野原に行く県道の昇り口にあったんだよ」。そして写真右には、買物をするお母さんたち、入り口で母を持つ中学生や子どもの姿がある。保健堂の反対側には旅館・芳流閣(現在は別場所に移転)があり、旅館の一画には食料品店が入っていた。「山田屋さんという店だった。待っている女の子は上郷中の生徒だろう」。かつては現在の上郷小学校がある山側にも多くの商店が並んでいたが、道路拡幅のため移転。「商店街には栄村からも多くの人が来て賑わっていた。今の上郷逆巻のイメージで見ちゃうとなかなか想像しにくいんだけど」。県境の商店街のにぎわいの一端を示す一コマ。

(2021年2月20日号掲載)

03.2.13-1昭和・ソリ.jpg

山や里で様々な用途で使われたキカイゾリ

03.2.13-2昭和・ソリ.jpg

梶棒が付いたキカイゾリとヤマゾリを併用(昭和32年)

03.2.13-3昭和・ソリ.jpg

下条の原天満宮にはシュラが現存(本紙撮影)

豪雪地の経済と生活を支えたソリ

十日町市川西地区仁田 木村喜郎さん(昭和25年生れ)

十日町市宮下町西   樋口雅春さん(同年生れ)

 江戸時代後期に塩沢の鈴木牧之が著した『北越雪譜』には「ソリというものは雪国第一の用具。人力を助けること船と車と同じで、その上に作ることは易しい」と書かれている。昭和年代に入っても道路除雪が進むまでは、ソリは豪雪地・妻有地方の重要な運搬手段だった。

 ソリは雪の滑走性を利用した非常に優れた道具。雪は山の藪(やぶ)や谷を覆い尽くし、無雪期では通れない地形でも物を運ぶことができ、里地では道路ではない所でも使え、目的地まで直線的に最短距離に近い経路で進める利点がある。何よりも少ない力で重量物を動かせる。

 川西では千手から小千谷、川東では大割野(津南)〜十日町〜小千谷をソリが往復した。妻有地方からは米や絹織物などが、小千谷方面からは灯油や衣類、魚介類、金物、生糸などが運ばれ、雪国の生活と経済には欠かせないものだった。

 古来から使われたヤマゾリはスキー板状の滑り台木(アシ)は用材を削り出して作る。上部には乳(ち)という穴をあけた台形状の突起が前後にあり、そこへ横木(ヨギ)を置いて縄で縛り、2本のアシを繋いで物を載せる台座にする。里地の雪道では小型のヤマゾリを使った。また、超重量物を運ぶときはシュラという特大のソリを使った。

 明治末期には細身のアシに格子に組んだ荷台が固定され、長い折り畳み式の梶棒が付いた「キカイゾリ」が魚沼地方で使われ始めた。後に改良されて滑走面にトタン板や厚手の鉄板を張り付けたキカイゾリも普及した。

 十日町は着物産地のため来訪客が多く、ソリに人が乗る箱と幌を付けた客ゾリが作られ、医師の往診や急患の搬送にも使われた。ゴミ運搬のゴミゾリ、霊柩車のソウシキゾリ、子ども用の箱ゾリもあった。春先には堆肥をキカイゾリに積み田畑のある場所まで運んだ。

 木村喜郎さんが昭和39年(1964)に撮影した写真には7台のキカイゾリが写り、その後方には山から伐り出された杉材が山のように積まれている。仁田地区下原で9代続く家が新築の際に自分の持ち山と林から杉を運び出した時の様子。木材など重量物の運搬は、降雪期が終わり雪がシタダマッた(雪が自重で圧縮され固くなった状態)3月頃に行われた。

 作業は親類縁者と村の住民が総出で手伝った。大きくない杉はキカイゾリに載せて運び、21尺(約6・3㍍)に伐った太い杉はシュラに載せて運んだという。地区内原田の製材所が仕事を請け負い、中学2年生の木村さんも手伝った。「裏山から杉を運び出したが、前に梶取りがいて私たちは後ろで綱を引くブレーキ役。重量がある木材は下りではスピードが出て怖かったが梶取りには『転んでも手を離すな』と言われた」と思い起こす。彼岸頃の3日間で運び出しを終えた。

 大量の杉を製材所まで運ぶことはせず、新築する家の用地近くに小屋掛けをして丸鋸とヤンマー製の発動機を据え付ける。杉を台座に乗せ前後に動かして丸鋸で切るため14間(約25㍍)のレールを敷き製材をした。

 樋口雅春さんは十日町の機屋(はたや=着物メーカー)と集散地の問屋を結ぶ買継商に勤めたが、会社の持ち山から杉の伐り出しを経験した。男性社員は製材業者と共にスコップで山に道を付けながら進み、持っていく道具や人数、日程、経路を決める。道付けだけでも重労働だが、木の周囲と倒す方向の斜面を人力で除雪する。樋口さんが昭和46年(1971)2月下旬頃に撮影した写真を見ると、前方がキカイゾリで後方はヤマゾリを使っている。「杉をソリに載せる、運ぶ、沢を渡すなど作業は経験と工夫の結集だった」と語る。

 下條村(現下条地区)村社の原天満宮は900年余りの歴史を持つと伝えられる古社。本殿回廊の下には長さ3㍍以上もあるシュラが現存する。本殿は明治31年(1898)に小千谷の二荒神社から譲り受けたものだが、中川久男宮司は「社殿を解体して氏子が下条まで運び、それを再び組み立てたと古老から聞いている。シュラはその際に使われたものでは」と推測している。

(2021年2月13日号掲載)

(2021年2月6日号は休載)

03.1.30-1昭和・節季市.jpg

雪の売り台のワラグツは大中小と作り分けた(昭和32年)

03.1.30-2昭和・節季市.jpg

十日町の成り立ちを残す節季市②

十日町市博物館所蔵・山内写真館資料(昭和30年代)

十日町市博物館学芸員 髙橋由美子さん(昭和38年生れ)

 戦時中の大雪の年、鉢の大工がまな板や鍋蓋などを作り、節季市に売りに行ったが日暮れになっても帰って来ず村中総出で捜索した。大工は雪崩に巻き込まれ、土産などは全て捨てて身一つで命からがら帰ってきた。また、魚之田川の農家は終戦後にスッポンやワラグツなどを市に売りに行った。カンジキを履き提灯を持って家を発つのは夜中の3時頃で朝の8時頃に十日町へ着いた。売れ残りの品は近所の商店に買ってもらったが安く買い叩かれたと、苦労した談話が市博物館友の会の記録に残る。「太子堂の農家は市でムシロを売ったが市に行くと客が付き注文を貰ってきて、さらにムシロ編みに励んだ。市は営業の場としての役割も果たした」と言う。

     ◇

 今は市民だけではなく県内外で人気のチンコロだが「起源は諸説あるがはっきりしたことは判らない。少なくても明治初期には売られていたらしい。今は縁起物の飾りとして売られているが、私が小学生の頃、餡を包んだ食べられるチンコロも売っていた。じーっと見てチンコロを選ぶのが楽しみだった」と振り返る。また、餅に餡をくるんだ『トットッコ』という鶏型のしんこ餅も売られていた。

 昭和30年代後半から高度経済成長期に入り雪国の暮らしも変わる。プラスチック製の代替品が多く出回り、竹や藁製品の需要は激減。現在の節季市出店者は市外からの香具師(やし=露天商)がほとんど。「平成24年の市では地元農家が2店、店を出していたので竹製の手カゴを買った。畑に置いた時に野菜に土がつかないように、茶碗底のような縁が付けてあり、平成の世になっても作り手の工夫が見られた。子ども当時の市では、自分で作った物に誇りと自信を持って売っていたと私たちに感じさせた。活気があって生き生きしていた」と振り返る。

(2021年1月30日号掲載)

各村には桶屋があり市でも様々な桶が売られた(昭和34年)

03.1.23昭和・節季市1.jpg

子どもたちの人気も集めたチンコロ売り(昭和33年)

03.1.23昭和・節季市2.jpg

十日町の成り立ちを残す節季市①

十日町市博物館所蔵・山内写真館資料(昭和30年代)

十日町市博物館学芸員 髙橋由美子さん(昭和38年生れ)

 今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止という異例な事態となってしまったが、国道117号線沿いの本町2丁目から東に諏訪神社へ続く通りで、毎年1月10日から25日まで5日おきに開かれる『節季市』。しんこ(米の粉)で作った愛らしい縁起物のチンコロ(方言で子犬のこと)が人気で、別名チンコロ市とも呼ばれる。

 市が立つ通りはかつて諏訪小路と言い、文政5年(1822)には地主らの協力で諏訪小路新道が開かれた。節季市の起源は定かではではないが、江戸時代に書かれた「十日町組地誌書上帳」には文化2年(1805)年の内容が記されており「十日町の開闢はよく判らないが昔より市が立つ町だった。5日、10日、15日、20日、25日に市(六斎市)が開かれた」とある。十日町は5月から特産の着物「越後縮」の市が立ち、京・大阪・江戸の商人が買い付けに集まり、市だけではなく常店もあった。

(2021年1月23日号掲載)

山と積まれた手カゴやザルを吟味する(昭和32年)

03.1.9昭和・諏訪神社.jpg

十日町総鎮守の諏訪神社③

十日町市博物館所蔵・山内写真館資料(昭和41年)

十日町市本町東1 瀧澤榮輔さん(大正13年生れ)

 平安時代中頃に創建され、約900年の歴史を持つと伝えられる諏訪神社。明治6年(1873)には村社に列せられており、昭和3年(1928)には郷社に昇格し、その記念として宮本公園向かいに現在も立つ石の鳥居が建立された。写真は昭和41年(1966)1月に撮影したもので、鳥居前から参道へはカンジキなどで雪を踏み固めた『道踏み』がしてあることが分かる。

 平成7年(1995)に発行した「八角神輿二百年祭・諏訪神社物語」の編集委員長を務めた瀧澤榮輔さんによると「鳥居は神社の神域を構成するもので、神社の内と外を分ける境に立てられる。天照大神(あまてらすおおかみ)の天岩戸(あまのいわと)の前で長鳴鶏を止まらせた木が原型で、中世から今の型に定着したと言われる。2本の柱と上部の笠木、その下を水平に通す貫の4本で簡潔に構成される」と解説する。

 かつて神社へ続く道は現国道117号線から東に向かう細い諏訪小路。文政5年(1822)に地主の協力で諏訪小路新道が開かれ、天保2年(1831)には町内の重立ちが資金を出し合い参道入口に木製の大鳥居を建立したが、明治33年(1900)の十日町大火で焼失した。現在の鳥居の寄進者は縮問屋として繁栄した丸屋の流れをくみ、大正末年から本町3丁目で薬店を営む樋口隆平氏。樋口氏は神社総代を務めていた。鳥居の正面中央には十日町大火で焼失をまぬがれた天明元年(1781)制作の銅製の扁額が今も掲げられている。

(2021年1月16日号掲載)

03.1.9昭和・諏訪神社.jpg

十日町総鎮守の諏訪神社②

十日町市博物館所蔵・山内写真館資料(昭和29年)

十日町市本町東1 瀧澤榮輔さん(大正13年生れ)

 荒御輿の異名を持つ諏訪神社の八角御輿。写真は昭和29年(1954)8月27日の諏訪まつりの様子で本町2丁目で撮影されたもの。裃姿の役員を先頭にして神輿は荒々しくうねるように進む。

 平成7年に発行した「八角神輿二百年祭・諏訪神社物語」の編集委員長を務めた瀧澤榮輔さんは「全国でも珍しい八角神輿は京都の宮殿師、竹内平四郎の手で寛政7年(1795)作られた由緒深いもの。同年の神輿見積り図が残るが御堂は八角造り、彫り物や塗装、鳥居、鳳凰、鈴縄など仕様が詳細に決められている」と解説する。

 瀧澤さんは八角神輿の代金を当時の神輿見積書と米価、十日町縮問屋の番頭級の給金を調べ「現在の価値で6500万円相当」だと推察する。「これだけ高価な買い物ができたのは十日町の縮問屋の繁栄がなくては考えられない。最上屋の上村家、丸屋の樋口家らが盛んで敬神の念からの協力で浄財が寄進されたものだろう」と語る。

 当時の十日町の越後縮商人は京や江戸を自由に往来した。重くて大型の神輿は、京から陸路か、或いは大津からの琵琶湖舟運で敦賀港に運ばれ、北前船で日本海を渡り新潟湊に着き、そこから川舟に積み替えて信濃川を遡り十日町まで運ばれたと考えられている。小千谷の二荒神社の神輿も文久年間に京から前述の経路で運ばれてきた。

 神輿の中には制作と修理を記した棟札(むねふだ)が収められている。制作は寛政7年、大修繕は明治27年、解体修理は昭和54年に行われた。

(2021年1月9日号掲載)