02.10sports.jpg

2022年10月 スポーツ

2022年10月22日(土)

中条中sn.jpg

県大会で男女とも3位入賞めざす中条中駅伝メンバー

中学駅伝

県大会で3位入賞をめざす 中条中

中越大会で力走、男女とも上位集団

 『男子』中越大会で5位を目標にしていたなか、3位と健闘。前半に流れをつくり、後半も粘って上位成績につながった。突出した選手はいないが、穴がないのも今チームの特徴で、各選手が安定した走りを見せる。さらに各区で自己タイムを縮め、北信越出場をめざす。

 『女子』妻有勢2番目の4位と大健闘だった中越大会。全員が区間10位以内。県大会ではさらに自己ベストの走りを見せる。

(詳細は2022年10月22日号をご覧ください)

 

2022年10月15日(土)

①十日町南女子.jpg

圧巻の走りで優勝した十日町南女子(左から区間順に阿部杏菜、阿部柑菜、根津美優、春日未鈴、村山葵音)

中学駅伝

​圧巻の十日町南女子、全員が区間賞

​男女アベック優勝で県2連覇に弾み

 圧巻の十日町南女子、全員が区間賞—。第32回中越地区中学校駅伝競走大会は13日、男子50チーム、女子42チームが参加し小千谷市白山運動公園特設コースで開催。昨年に続き男女とも十日町南が優勝、県大会に弾みをつけた。特に女子は全員が区間賞をマーク、2位小千谷に3分21秒の大差をつけ圧巻の走りを見せた。男子は2位下条、3位中条、4位吉田、5位十日町と妻有勢が上位を独占した。また女子は中条が4位に入った。その結果、11月2日に同じ小千谷会場で開かれる県大会に妻有勢から男子9チーム、女子7チームが出場権を獲得した。

(詳細は2022年10月15日号をご覧ください)

十日町南中野球sn.jpg

県中学校の軟式野球新人戦で優勝した十日町南チーム(写真・保護者会提供)

中学野球

​「出るぞ夏の全中」、好発進で弾み

十日町南、野球新人戦で県初優勝

 中学球児の「夏の甲子園・全中大会」に向け好発進—。文部科学大臣杯第14回全日本春季軟式野球日本生命トーナメント県予選大会兼第18回オンヨネカップ県中学生新人野球大会は8、9日、地区予選を勝ち抜いた16チームが参加し長岡悠久山球場などで開かれ、十日町南が初優勝。来年3月、静岡県で開かれる全国大会への出場権を獲得した。新人戦での県優勝で、来年の全中出場に大きな弾みとなった。

(詳細は2022年10月15日号をご覧ください)

 
 

2022年10月8日(土)

下条中sn.jpg

男子は県優勝など目標を高く掲げ挑む下条中駅伝メンバー

中学駅伝

県優勝めざしレベルアップ 下条中

女子は県大会出場権獲得に意欲

 『男子』

 課題は『己に勝つ』。「自信を持って走ることができれば、相当いい位置につけることができる」、チーム力についてそう話す北川智也監督。

 『女子』

 4市2郡新人陸上で上位に入った村山紗和と渡邉美心都の2年生組を中心に、先ずは中越大会で19位内に与えられる県大会出場権獲得をめざす。

(詳細は2022年10月8日号をご覧ください)

中条龍王sn.jpg

来年5月開催のマクドナルド杯への出場権を獲得した中条龍王

学童野球

中条龍王、マクドナルド杯へ

 中条龍王がマクドナルド杯出場権を獲得—。十日町ライオンズクラブ杯学童野球大会は2日、総合公園野球場で決勝を行い、中条龍王が14‐3で十日町JBCを下し、来年5月に開かれるマクドナルド杯中越大会に十日町地区代表として出場する。

 中条は、少子化の影響などで過去2年間とも6年が1人だけというメンバー構成だった。このため現在の4、5年生が低学年の時から試合経験を積んできており、その成果が今大会に現れた。

 十日町との決勝で中条は1失点後の1回裏、2アウトから主将の阿部瑛太と山田優花が3塁打、宮澤昊我がランニングホームランを放つなど6点を挙げ、試合を決定づけた。

(詳細は2022年10月8日号をご覧ください)

2022年10月1日(土)

十日町中sn.jpg

「十中魂の走りを」と意気込む十日町中のメンバー

中学駅伝

「十中ここにあり」の走りを 十日町中

県大会に照準、日ごと意欲高まる

 『男子』

 「中越大会では3位入賞が目標」だが、県大会で「優勝」をめざす。「中越大会は前哨戦。日ごと走力が上がってきていて、県大会はピークになる。そこで優勝を掴みたい」と蕪木健太主将(3年)。

 『女子』

 県優勝した一昨年の実績がありながら、今年はようやくチームを組める状態。「まずは各自が自己ベストをめざすこと」と本田まほ主将(1年)。

(詳細は2022年10月1日号をご覧ください)

高校女子3000sn.jpg

高校女子駅伝の前哨戦となった長距離カーニバル3000メートル

十日町長距離カーニバル

都大路への前哨戦に

十日町女子 3000メートルでライバルと

 上位3校が熾烈な戦いに—。十日町長距離カーニバルは25日、十日町市陸上競技場で開かれ、女子3000メートルは、まるで県高校女子駅伝(5区間21・0975キロ)の前哨戦のような激しいレースが展開された。2年連続で全国出場をめざす県高校駅伝・女子の十日町に、「打倒十日町」をスローガンに掲げた新潟第一と新潟明訓が立ち塞がる構図が見えた。

(詳細は2022年9月17日号をご覧ください)