01.11まさもと_web広告.jpg
01.11.16ももたろう_web広告.jpg
01.11.16ペペロッソ_web広告.jpg
高見石材_web広告.jpg

オピニオン

十日町情報館、本も公共物ですぞ

2020.3.28

文庫本のすすめ…ですが

村山 朗(会社員)

 夕食後は、テレビを見ながらぼーっと時間を過ごすのが日課です。でも最近本当に見たい番組が少なくなりました。国営放送も、さすが、と思うような取材に時間をかけた番組がある反面、昨年の大河ドラマの低視聴率で懲りたのか、やたら番宣(番組の宣伝)が目につきますし、民放のようなくだけた番組も増えています。

 ならばテレビのスイッチを切ればいいじゃないか、と言われそうですが、全くその通り。ただBSも入れるとかなりの金額を毎月義務的に払い、つまらない番組と再放送を垂れ流されているのには我慢できません。

 仕方がないので最近はなるべく本を読むようにしています。読むのは専ら文庫本で、それも肩の凝らない時代小説が多いです。文庫本は手軽にどこにでも持ってゆけるし、一定の評価をされた小説が多いので、外れが少ないからです。

 時代小説はもちろん江戸時代以前のものなので、かなり古い作品でも楽しめますし、わけのわからないカタカナ語が出てこないのでイライラが少なくて済みます。以前から藤沢周平や池波正太郎の著作には親しんでいますが、乱読するにしてもどんどん買えるわけもなく、十日町市情報館をよく利用します。

 文庫本の時代小説の書棚には今まで全く読んだことのない作家の本も多く、立ち読みしながらどれを借りようか、と考えるのも楽しい時間です。2週間で10冊借りることができますが、3月いっぱいは学校の休校などもあって20冊まで借りられるとのこと。よその自治体では武漢肺炎騒ぎで臨時閉館する図書館もある中で、素晴らしい決断だと思います。

 ただ、借りた本でイラっとすることがよくあります。飲食でもしながら読むのでしょうか、食べカスが挟まっていたり、さらにはそのカスがくっついてページの表面がはがれて活字が読めなくなっていたり、飲み物?をこぼしてページが波打っていたり、しおり代わりにページの角を折った跡がくっきり残っていたり。殆どの文庫本で見られます。自分の本であれば破こうが書き込もうが自由ですが、税金で購入した公共物です。

 文庫本で、しかも時代小説なので借り手が多いのは想像できますが、この扱いはとてもひどい。情報館は十日町の誇れる施設ですが、利用者がこれではお恥ずかしい限りです。返却された本をいちいちページごとに確認することは不可能です。限られた予算で運営している情報館の蔵書を守るために、自戒も込めて、利用者に猛省をお願いしたいです。

生活基盤の市区町村でできること

2020.3.21

パンデミックと地産地消

清水裕理(経済地理学博士)

 新型コロナウィルスで、世界中が大変な状況となっています。

 WHOがここまで危機感を持ち「パンデミック(世界的大流行)」を宣言する現実を、人生で経験するとは思いませんでした。

現在は症状の軽い方が多いと言われているものの重篤の方もおり、治療薬がなく、未知の部分が多く収束時期が分からないことが、人々を不安にさせています。

現在のグローバル社会のあり方について、考えさせられました。

グローバル化は、人やモノの移動が、よりスムーズとなり、世界の距離が縮まることです。移動がしやすくなることは良いことと思うのですが、それにより、今回のようにウィルスが発生した場合、世界中に感染が広がることになりました。

そのため、感染を防ごうと、いま多くの国々で国境封鎖が行われています。

国境封鎖等に伴い、モノの生産は、既にグローバルな最適立地の体制となっているため、例えばマスクなど緊急に必要な物資であっても、私たちは入手のできない状況となっています。

かつて、ある経済学者の方と、食料自給率について話をしたことがあります。日本の食料自給率は決して高くなく、それは問題だと思ったからです。が、その方は、日本の食料自給率が仮にゼロになったとしても、これだけグローバル化が進んだ交流の盛んな世界なのだから、どこかの国からの輸入が可能であり、食料供給は継続できるとおっしゃいました。

それで心配ないのかしら…と思いつつ、それがグローバル社会の行きつく一つの姿なのかしら…と考えさせられました。しかし、今回の世界的大流行も、そのグローバル社会が招いた一つの現実の姿なのです。

一方、わが国地域の視点にたつと、特に生活の基盤となる市区町村においては、パンデミックに備えて、食料や水、マスクなどを、なるべく地元で準備し、地産地消できる体制を整えようとする動きが進むのではないかと思います。地域と都市の間では、更なる相互協力や備蓄といった考えも含まれるでしょう。

また、事態が続き生業が成り立たなくなる可能性を想定するならば、兼業で農作物をつくったり、モノをつくったりできることは心強いと思います。地域産業政策において、そうした側面を踏まえることも重要だと思います。

厳しいところに美しいものがある

2020.3.14

『都市と山間地』

秋山郷山房もっきりや・長谷川 好文

 ここに来た頃、ずいぶんと遠い所へ来たなと思いつつ25年が過ぎた。

 9年前(2011年)に東日本大震災が起きて多くの方が亡くなり、福島では原発事故によって故郷を失った人々がいる。同時に東京では電力が不足して計画停電が行われて大混乱の時期だった。

 その後、何年かして友人がこう言うのだ。「あの時、信濃川の電力が東京を救ったのだ!」と。

総じて信濃川水系の瞬間発電量は33万kw程と村の広報で見たことがある。原発1基が100万kwだとすると3分の1程なのだが、その電力が社会や東京を支える力の一部になっていた。それを聞いたとき何だか誇らしく思った。

 秋山は僻遠の地だとしても、いつの時代も都市とつながっている。

 江戸時代の文政11年(1828年)、秋山を旅して「秋山記行」を書いた鈴木牧之はその後、天保6年(1836年)「北越雪譜」を世に出した。越後魚沼、妻有を中心に雪深い地方の暮らしや、物語をまとめたものである。江戸の庶民におおいに読まれ「北越雪譜」は、現在までも岩波文庫に収められ200年近くものロングセラーになっている。「秋山記行」は観察の緻密さで民俗学的に貴重な紀行文だ。当時は出版されなかったが昭和になって本となった。

 大正時代になり中津川の水を岩盤地質の左岸にトンネルを掘削、穴藤に送水し中津川第1発電所を作り上げた。物資の搬送はトロッコを使い、発電用の急峻な斜面は巻き上げ機でトロッコごと引き揚げたという。線路は切明まで敷かれた。関東大震災の時、働いていた人は東京の復旧作業に従事して工期は遅れたという。一昨年亡くなった山田信一さんは、工事終了後のレールは草軽電鉄の延長線に転用されたと話していた。当時、切明には事務所・飯場の他に病院や警察、酌婦を置いた飲み屋まであり、小さい町の様だったという。

 明治の東京では電気のありがたさから浅草で「電気館」という劇場や神谷バーでは「電気ブラン」といった酒が喜ばれ、広がる都市の電力不足を補うために、中津川で作った電気は東京・千住の変電所に送られていた。

 日本が大陸に侵出した時代には、秋山では猟が盛んになり、テンやキツネ、ムササビといった獣の毛皮が商人や軍人のコートの襟に使われ、ここでは良い収入になったとも聞いた。

 そして3・11の東日本大震災である。

 現在、高齢化と過疎化が進む地方のひとつになってしまったこの地域。昔から厳しい自然環境のなか、お互いに助け合い協力し合って共に暮らしてきた人々の知恵や忍耐があったからこそ、どんな時代でも、細々とであったとしても、都市や世界とかかわった人々の歴史が残り、ここで暮らす者に生きる力を与えて来たのではないだろうか。

 もちろん、きれいごとばかりでは決してなかった。喧嘩や博打も行われたけれど、それは人の常なのだ。冬の秋山は雪に埋もれ、ひっそりとしていても、その中で生きる人々の暮らし方こそを、訪れる人に伝えて行く事が大切なのだ。

 厳しいところに美しいものがあるということを、秋山だけでなく日本中の山間地の歴史こそ、是非観光してほしいと思う。歴史は、日本中の山間地での知恵と努力を必要としているのだ。

緊急事態宣言より新型インフル等特措法適応を

2020.3.7

新型コロナ、私にできる対策

清津川に清流を取り戻す会・藤ノ木信子

 刻々と感染が広がる新型コロナウィルス…12月頃から中国では謎のウィルス情報があった。サーズウィルスの時には、パフォーマンスっぽい空港での水際対策を大げさにやっていた日本政府は、今回は中国の春節観光客受け入れに何も対策を講じなかった。

 初動を間違えただけでなく、その後もクルーズ船対応や全国一斉休校などボタンの掛け違いばかりだ。厚労省の感染症疫学センター長は1月末頃には「通常の検疫で十分で、症状がない場合には普段通りの生活を送ってもらって問題ない」「陽性でも症状がなければ感染力はない」と言う甘い認識だった。今になって「皆様一丸となってコロナに立ち向かっていく」という戦時中みたいな厚労相の記者会見にも違和感がある。

 徐々に分ってきたこのウィルスの性質は、潜伏期間が平均5〜6日(長いと2週間)で、回復しても二度目の感染(再発)も起こり、PCR検査を何度もかい潜る騙しのウィルスらしい。閉鎖空間での空気感染もあり、無症状でも陽性の場合もあるので知らぬ間に感染が広がる。ワクチンや特効薬がない現状では手強いウィルスで、もはやどこで感染してもおかしくない状態だ。

 「賢く怖がれ」とTVのコメンテーターはしたり顔でいうが、それには正しい情報がないと無理だ。仮に市内で感染者が出た時、いつどこで何に注意が必要か分かっていればパニックにならず冷静になれる。誰もが好き好んで感染したのでなく被災者なのだから、差別や風評でなく、協力して感染を抑えたい。明日は我が身かも知れないのだから。どうか行政は速やかな情報開示と検査や消毒など対策手順の訓練をお願いします。WHO報告では80歳以上の致死率は5人に1人と、高齢化地域では要注意だ。きちんとした手指消毒と長時間の密閉空間共有を回避することがポイントだ。

役に立たない戦闘機を百機買っても保健所の数を減らし続け、厚労省職員の半数は非正規公務員の国、こんな時は自らできることをしないとね。 

 …というわけで忘れっぽいお年頃の私は、自分の行動記録(どこに行ったか、誰に会ったか)をしようと思う。もし感染が分ったときに2週間前に遡って対策できるように。毎日の検温と健康状態のチェックも一緒にメモしよう。

 新型コロナは、既存の新型インフル等特措法でいち早く対策ができるはずなのに、何故か政府は緊急事態宣言をする特措法改正(最長2年間)にこだわっている。時間を無駄にせず医療機関を強化するのが先ではないか?

妻有新聞タイトル2-1.png

株式会社 妻有新聞社

津南支局  〒949-8201新潟県津南町下船渡丁2461-2 TEL.025-765-2215 FAX.025-765-5106

十日町支局 〒948-0051新潟県十日町市千歳町2-3-5 サンタクリエイトビル2F TEL.025-755-5227