01.11まさもと_web広告.jpg
01.11.16ももたろう_web広告.jpg
01.11.16ペペロッソ_web広告.jpg
高見石材_web広告.jpg

今週の人・ひと・ヒト

キラリ☆看板娘

水落 千弓(ちゆみ)さん 23歳・獅子座

しんざこども園

 長岡市の北陸学園で寮生活を送りながら保育を学び、卒業後は保育士として地元に帰り、今年3年目を迎えた。「勤めて1、2年目はわからないことだらけであっと言う間でした」。今年は年中園児の担任として新たなステージに立っている。「園長先生や先輩方のご指導を仰ぎながらの毎日です」。正直仕事が辛いと思ったことはない。反面、初めて自分でトイレができた、プールで顔を水につけることができたなど、感動する場面があちこちに。「子どもたちの成長の場面に出会えることがとても嬉しい。負けないよう自分も成長していきたい」。

 中条小4年から卒業時まで、笹山縄文太鼓の活動に汗を流した。ほかにも身体を動かすことが大好き。「テニスやバドミントン。今はスケートボードかな」。得意料理も様々だが「親子丼を振る舞うと、いつも大好評です」。(しんざこども園)

 

10代のまなざし

村山 愛純美(あずみ)さん 14歳・十日町南中3年

「ピアノのリズムで走る」

 小学生の時からピアノ、書道、スイミングに取り組み、音楽のリズムや集中力、体力が身に付いた。中学で選んだのは長距離。リズムよく走る。校内マラソン大会では、小学1年から学年女子1位をキープし続けている。

 「姉の影響が大きいです。いつも比較されるので、ちょっと…という感じもありますが、気にはしていません。むしろ自慢に思ってます」

 姉は中学時代から長距離・県エースの村山愛美沙(十日町高1年)。長距離姉妹だ。学校では昨年まで『ついていく立場』だったが、今年は中学最高学年となり、『引っ張っていく立場』。

 「新型コロナの影響で駅伝大会が開かれるかどうか分かりませんが、開催してほしいです。十日町中などライバルも強く、厳しいですが、もう一度、県優勝して喜びたいです」

 夏休みに入り、今月1〜3日まで妙高で合宿。しっかり走り込んできた。

 「練習は厳しかったです。ちょっと野菜系が苦手なんですが、合宿中は好き嫌いなく何でも食べてしまいます。食べないと力が出ないせいかもしれません」

 明後日の10日はデンカビッグスワンで全国大会県予選。出場種目は女子1500㍍。無観客のため応援はない。

 「自己ベストは昨秋出した5分1秒。何とか5分を切るタイムを出したいです」

 好きなK‐ポップ・TWICEの音楽に合わせ、リズムよく走るつもりだ。

 
妻有新聞タイトル2-1.png

株式会社 妻有新聞社

津南支局  〒949-8201新潟県津南町下船渡丁2461-2 TEL.025-765-2215 FAX.025-765-5106

十日町支局 〒948-0051新潟県十日町市千歳町2-3-5 サンタクリエイトビル2F TEL.025-755-5227