02.10.24今週の人.jpg

今週の人・ひと・ヒト

 
22.7.2看板娘sn.jpg

キラリ☆看板娘

若月 楓華(ふうか)さん

19歳、天秤座・㈱村山興業

 「中学時代、排雪作業を行っているダンプを見てかっこいいと思いました」。以来、将来はダンプ、トレーラーの運転手になりたいと思い続け、またすでに土建業で働いていた母親の頑張る姿を見ていたこともきっかけとなり、高校卒業後すぐに入社。2年目の今は、新宮にある同社中間処理場で重機オペレーターを担当。「重機の扱いはまだまだ。教えてもらいながらですが、少しでも先輩方に近づけるよう頑張りたいです」。さらに夢の実現をめざし、大型特殊・けん引免許取得に向けても猛勉強中だ。

 運転が好きで、晴れた休日には棚田めぐりのドライブ。気に入った風景に出会うとその場でスケッチブックを開き、水彩画に仕上げる。「小学生のころから写生が好きで、数え切れないくらい描きましたよ」。唐辛子系の辛いものが大好き。「それがあればごはんパクパクです」。

10代髙橋sn.jpg

10代のまなざし

髙橋 那奈依さん

15歳、十日町中学校3年生・「花束のように」

 最近読んだ小説の影響で、興味を持ったのが映画製作の現場。

 「こんな仕事ができればいいなぁと思いました。まだ想像でしかありませんが、映画やドラマに携わる仕事をしてみたいですね」

 本好き。本屋さんに立ち寄って、面白そうだなと感じたものを購入している。映画製作への思いもそんな1冊だった。本から影響を受け、何事も前向きにと、学校では生徒会長を務めている。今年度のスローガンは生徒会本部で決めた『花束』。

 「1本1本の花は違っていても、束にすれば見応えがありますよね。私たち生徒も、一人ひとりの個性を大切にしながら、協調性を持って歩みたいという思いがあります」

 9月には生徒会の一大行事・体育祭がある。準備をスタートした。

 「新型コロナの影響で、今回も種目はリレーと綱引き、縄跳びの3種目を予定しています。それにとっても楽しいダンスパフォーマンスも。例年、これが盛り上がります。生徒会活動は毎日がバタバタですが、充実感がありますね。一日一日を精一杯、頑張っていきたいと思っています」

 小学生の時に地域のスポーツクラブ、十日町アスレチッククラブに入り、長距離種目に取り組んでいた。『カッコいい先輩』の姿を見て、中学に入ってからはハードルに挑戦。記録も少しずつ上向いている。

 「北信越大会に進むことが目標。高校に進んでからもハードルは続けていきたいと思っています、スポーツも学びも私の花束です」