市議会B.jpg

議員定数「18〜22」、削減論多数

​十日町市議会特別委員会 限定数24、「6〜2削減」、常任委員会再編も

 次期改選(任期2025年5月14日)までに議員定数や議会運営、議員倫理など議会改革に取り組む十日町市議会・議会改革特別委員会(富井高志委員長・委員8人)は30日、第5回委員会を開き、各委員が「議員定数の具体的な根拠と数」を持ち寄り持論を説明し、具体的な定数を示した。現定数「24」の維持は1人だけで、他は「18人〜22人」と削減論が多数を占めている。

 全国高校駅伝大会県予選会で30年ぶりに男女アベック優勝を果たした十日町高駅伝チームを応援しようと、陸上OB・南陵スパイククラブや同窓会、PTA、陸上部保護者会など12団体が「全国高校駅伝大会出場十日町高校後援会」(福崎勝幸会長)を組織。寄付活動を進める一方、応援団を編成してツアーを行う方針を決め、市民に協力を呼びかけている。

 大会で十日町高は男子が27年ぶり13回目、女子は2連覇で4回目の全国出場を決めた。

 全国大会は今月25日、京都府都大路で開催。福崎後援会長は「この快挙、明るい話題を地域で盛り上げたい」と話し、保坂勉監督は「後援会をはじめ強力なバックアップ体制は心強い限り。私たちはやるべきことをやって都大路での戦いに挑む。男子は2時間7分台で30位、女子は新発田商業の1時間11分24秒の県記録を更新し20位を切る順位でゴールしたい」と目標を掲げた。

 募金目標額は1千万円。法人と団体は後援会で寄付を募り、個人の募金は一口3千円(それ以上は千円単位)で、申込みと問合せは同校内の同窓会事務局、TEL025-757-1970(平日午前中)まで。

 24日出発の1泊2日バス応援ツアーは代金3万円、同日出発の夜行日帰りバス応援ツアーは代金2万円で、いずれも募集人数は40人。申込と問合せは共立観光十日町支店、TEL025‐752‐4128まで。

男子第73回・女子第34回全国高等学校駅伝競走大会出場 募金のお願い

■募金額  1口3,000円(3,000円以上は1,000円単位) ■振込先  郵便局口座記号番号 00590-6-103939 ■加入者名 新潟県県立十日町高等学校同窓会 ※振込手数料が110円かかります。12月末日まで。

私の一首

 短歌会「砂丘」の歌仲間と、新潟市の会津八一記念館を訪れた後、「西海岸公園」の木立の中を散策した。そして、さらに浜へ下りて行った。ヒルガオが咲く砂浜に、特徴ある草が低くまとまって黄に輝いていた。初めて見る草、私は草の名を問いかけた。瞬時あって、萩原さんは答えたことであった。コウボウムギと。なるほど、麦の形の草だった。黄金色に実った穂が輝いていたのであった。この時の浜の光景は、のち、鮮明に思い出される一となった。その人の答えた声、抑揚とともに。

 2006年6月の「砂丘大会」の日であった。

 【訂正とお詫び】

​ 妻有新聞12月3日号、1面掲載の「私の一首」で間違いがありました。訂正して掲載し、お詫び申し上げます。

今週の妻有新聞

芸術祭20221203.jpg

「清津峡人気」どう波及させる

次回2024年 大地の芸術祭過去最多57万4千人

 145日間のロングラン開催となった「第8回大地の芸術祭」。実行委員長の関口芳史市長は先月28日の定例会見で入込客数が過去最多の57万4138人となったと発表した。

要望.jpg

県立松代病院、一般19床、包括ケア21床

十日町市、松代・松之山と知事要望 県立県営維持、外観、駐車場改修を

 県が地域医療再編の一環で、県立松代病院の病床数削減と包括ケア病棟への切り替え、さらに今後需要が高まるリハビリテーション事業の充実を図る方針。

移住コーディネーター.jpg

人と情報が課題、移住支援活動スタート

移住コーデ、サポーター初会議 体験ツアー積極支援 地域密着活動を

 津南町は移住担当窓口を一本化し、移住者と町民をつなぐ「移住コーディネーター」を今年9月設置。元町地域おこし協力隊の照井麻美さん(33、船山新田)を起用。

tunannmati-.jpg

二度の不落問題、町の「調整率」が原因

予定価格と3億600万円の大差、賠償問題に波及か

 津南町ひまわり保育園増築に関係した「二度の不落問題」は、事業発注者の町の「地域事情を価格に反映する調整率」の低い設定が原因だと明らかになった。

スポコミ.jpg

地域資源でツーリズムを

十日町スポーツコミッション 研究会を発足し構想や立案

 十日町市スポーツコミッション(福崎勝幸会長)は先月29日、ホテル&ダイニングしみずで地域資源を生かした地域ツーリズム研究会を立ち上げた。

過去の注目記事

ふるさと納税の功罪

 辛口批評で知られる元島根県知事で総務相を務めた片山善博氏が「ふるさと納税」を語る。『例えばどこかの自治体に10万円寄付した人は、住民税などの税が9万8千円減税される。加えて寄付先から寄付額の3割相当の返礼品を受けられる。つまり3万円のお気に入り商品をわずか2千円で手に入れられる。ふるさと納税は超ダンピング政策だという所以である』。岩波・世界12月号にある。

膨らんだ資金がITで世界中をかけまわる

経済地理学博士・清水 裕理

 早いもので今年も12月となり、残すところあと1ヶ月となりました。そこで、今年の世界経済を振り返ってみると、まずは米国や欧州などにおける歴史的な物価上昇(インフレ)があげられます。

モノやサービスの値段が継続的に高くなり、人々の生活に深刻な影響を与えるまでになっているため、各国の中央銀行が対策に乗り出しています。 具体的には、企業や個人が、設備投資や住宅投資などのためにお金を借りる時の金利が高くなるように誘導し、それにより需要を抑え、需要と供給の関係で需要が抑えられれば物価上昇の動きを沈静化できるというわけです。もちろんこれをずっと続けると経済そのものの力が弱まってしまいます。それは本末転倒です。難しい舵取りが続いています。

22.9.17-一休.jpg
22.9.10雪国のあぶら.jpg
12月3日号看板娘sn.jpg

中島 京(みやこ)さん

34歳、獅子座・塩沢信用組合津南支店

 「津南支店勤めがきっかけで津南出身の主人と出会い、結婚。津南に住んで7年になります」。六日町出身、法政大学経済学部を卒業、金融機関への就職をめざした。

10代・栁澤琴-(18)sn.jpg

栁澤 琴さん

14歳、津南中学2年・次はもっと上に

 「バドミントンはとても楽しいです。自分より強い、巧い人と試合して、自分の得意なショットが決まると嬉しくなります」。

12月3日号 佐藤夫婦 .jpg

松之山・天水越 佐藤正雄さん、ユキさん

95歳、93歳夫婦、現役米づくり 今も1.5ヘクタールを

 「鍬よりトラクターの方が楽だが、今の機械は自分でなおせなくなっている。まあ、仕方ないかぁ」。収穫の30キロ米袋を持ち上げ、積み上げる元気な佐藤さんだ。

南中.jpg

全国出場に向け北信越で健闘

十日町南男子は2位、十日町高校女子は3位

 十日町南、男子2位、女子3位と健闘。第16回北信越中学校駅伝競走大会で。十日町高女子は3位に。男子第59回、女子第35回北信越高校駅伝競走大会で。

続きを読む→

スポーツ奨励賞.jpg

健闘キラリ、20個人団体を表彰

津南町スポーツ奨励賞など

 津南町スポーツ協会のスポーツ奨励賞、町スポーツ少年団のスポーツ少年団は20個人団体を表彰した。

  シリーズ連載

雪国今昔20200125.jpg

雪国妻有今昔物語

02.2.15昭和・ファッションショー.jpg

昭和のアルバム

妻有職人伝.jpg
明日へ.jpg
妻有リポート.jpg